使い勝手が良い大学ノート。でもビジネスシーンでそのまま使うのは気が引ける…。大学ノートをそのまま使っている商談の相手はあなたの目にどう映りますか?どこか頼りない印象は持ちませんか?一方、革の手帳は使い勝手に欠けてしまう。使い勝手はノート以上に、外見では「任せたくなる人」を演出する大学ノート用カバーLIBRETA。

もしかしたら、「たかがノートにそこまで…」と思われてしまうかもしれません。確かにLIBRETAがもたらすのは普通のノートより優れた外見と機能性です。ただ、我々は「物にこだわっている人」としての自信が対面する相手から見た、あなたの印象に大きなプラスをもたらすことを信じております。
ハードタイプノートカバーLIBRETA A6/A5/B5
ハードタイプノートカバーLIBRETA A6/A5/B5
ハードタイプノートカバーLIBRETA A6/A5/B5
ハードタイプノートカバーLIBRETA A6/A5/B5
ハードタイプノートカバーLIBRETA A6/A5/B5
ハードタイプノートカバーLIBRETA A6/A5/B5
ハードタイプノートカバーLIBRETA A6/A5/B5
ハードタイプノートカバーLIBRETA A6/A5/B5
ハードタイプノートカバーLIBRETA A6/A5/B5
ハードタイプノートカバーLIBRETA A6/A5/B5
ハードタイプノートカバーLIBRETA A6/A5/B5
ハードタイプノートカバーLIBRETA A6/A5/B5
ハードタイプノートカバーLIBRETA A6/A5/B5
ハードタイプノートカバーLIBRETA A6/A5/B5
ハードタイプノートカバーLIBRETA A6/A5/B5
ハードタイプノートカバーLIBRETA A6/A5/B5
ハードタイプノートカバーLIBRETA A6/A5/B5
ハードタイプノートカバーLIBRETA A6/A5/B5
Prev Next Play
大学ノート用紙製ノートカバーLIBRETA

ハードカバーのノートを思わせる仕上がり。

「カバーだとわからないノートカバー」という開発コンセプトのもと、まるでハードカバータイプのノートであるかのようなスマートさを持つ紙製ノートカバー「LIBRETA」は誕生しました。手帳とは一線を画した、余計な機能は削ぎ落とされたシンプルなデザイン。そして単純なドレスアップだけではなく、持った状態できれいに書き込めるなど、「ノート」としての使い勝手も向上させる持つ人のモチベーションを上げるノートカバーです。ノートを使い終わったら新しいノートに差し替えるだけ。


大学ノート用紙製ノートカバーLIBRETA

書き込むエリアは平らに。

革製のノートカバーなどに割とありがちな、ノートを装着するための形状による「書き込みエリア」に出来る段差は、この「LIBRETA」には一切ありません。ノートの表紙全体を厚紙で包み込む設計になっているため、下敷きが敷いてあるのと同じ状態になります。LIBRETAの表紙には1.5mm厚の板紙を使用しているため、立ったまま安定して書き込むことができるぐらい固くしっかりとノートへの書き込みを支えます。


大学ノート用紙製ノートカバーLIBRETA

装着できるノートについて。

LIBRETA A5、B5は一般的な30シートから最大100シートまでのノートに装着できます。また、片表紙ずつ収納することで30〜50シートのノートを2冊収納することも可能です。LIBRETA A6は30〜45シートが一般的なので基本的に1冊のみを収納するように設計されております。対応している製本様式としては、無線とじ、糸綴じタイプのノートになります。リングタイプのノートには対応しておりませんのでご注意ください。※対応サイズの詳細は仕様表にある「対応サイズ表」をご確認ください。


スリムペンケースGUILD

同シリーズのペンケースと相性抜群。

Zephyr Rhythm Gridのステーショナリーライン「CLEVER(クレバー)」シリーズのペンケース「GUILD(ギルド)」との相性は完璧です。

LIBRETAの詳細とバリエーション。

大学ノート用紙製ノートカバーLIBRETA

装着方法について。

写真のように、ノートの表紙を同時にLIBRETAに収納します。※ノートの表紙を片方ずつ入れようとするとノートの表紙に折れ目が付いてしまったりする場合がございます。なるべくこの方法で装着することを推奨致します。

大学ノート用紙製ノートカバーLIBRETA

選べるタイプは3種類。

バリエーションとしてオーストリッチ・ブラック、クロコダイル・ブラウン、クロコダイル・ホワイトの3種類をご用意致しました。クールな革調のその外見は利用シーンを選びません。

大学ノート用紙製ノートカバーLIBRETA

紙製!?すぐに痛まない?

LIBRETAで採用している特殊な高級貼り紙素材は、紙が持つ手触り、温もり、そして軽さを持ちつつ、合皮にも劣らないリアルなテクスチャを持った素材です。また、写真のようにちょっと水滴がついた程度なら、すぐ拭き取れば変形、変色なども起きません。※撥水/防水加工が施されている訳ではありません。

製品仕様表

発売日 2013年6月12日発売
本体サイズ 【LIBRETA A6】
装着時: 約108mm(W) x 約155mm(H) x 約12mm(D)
展開時: 約227mm(W) x 約155mm(H) x 約3mm(D)
【LIBRETA A5】
装着時: 約151mm(W) x 約217mm(H) x 約16mm(D)
展開時: 約318mm(W) x 約217mm(H) x 約3mm(D)
【LIBRETA B5】
装着時: 約183mm(W) x 約259mm(H) x 約15mm(D)
展開時: 約380mm(W) x 約259mm(H) x 約3mm(D)
本体重量 LIBRETA A6 : 48g
LIBRETA A5 : 98g
LIBRETA B5 : 138g
カラーラインナップ Ostrich Black(オーストリッチ・ブラック)
Crocodile Brown(クロコダイル・ブラウン)
Crocodile White(クロコダイル・ホワイト)
対応サイズ LIBRETA A6 【A6サイズ 105mm(W) x 148mm(H)~50シート ~5mm】
LIBRETA A5 【A5サイズ 148mm(W) x 210mm(H)~100シート ~10mm】
LIBRETA B5 【B5サイズ 179mm(W) x 252mm(H)~100シート ~10mm】
※製本様式が無線とじ、糸綴じタイプのノートにのみ対応しております。リングタイプのノートには対応しておりません。
製造地 日本製 Made in Japan
商品コード LIBRETA A6 Ostrich Black 【ZRGC-NCV01A6OB】
LIBRETA A6 Crocodile Brown 【ZRGC-NCV01A6CB】
LIBRETA A6 Crocodile White 【ZRGC-NCV01A6CW】
LIBRETA A5 Ostrich Black 【ZRGC-NCV01A5OB】
LIBRETA A5 Crocodile Brown 【ZRGC-NCV01A5CB】
LIBRETA A5 Crocodile White 【ZRGC-NCV01A5CW】
LIBRETA B5 Ostrich Black 【ZRGC-NCV01B5OB】
LIBRETA B5 Crocodile Brown 【ZRGC-NCV01B5CB】
LIBRETA B5 Crocodile White 【ZRGC-NCV01B5CW】
JANコード LIBRETA A6 Ostrich Black 【4571386395029】
LIBRETA A6 Crocodile Brown 【4571386395012】
LIBRETA A6 Crocodile White 【4571386395036】
LIBRETA A5 Ostrich Black 【4571386395050】
LIBRETA A5 Crocodile Brown 【4571386395043】
LIBRETA A5 Crocodile White 【4571386395067】
LIBRETA B5 Ostrich Black 【4571386395081】
LIBRETA B5 Crocodile Brown 【4571386395074】
LIBRETA B5 Crocodile White 【4571386395098】
商品に関する注意事項 ※この商品はケースのみの販売です。写真のノートは含まれません。
※モニターによっては写真の色と実際の色は若干異なる場合があります。
※製品の仕様は予告なく変更される場合があります。予めご了承下さい。
※本製品は紙素材です。長時間日光下にかざしたり、水ぶきで強くこすったりしてしまうと、色落ちしてしまう場合がございます。
※ノートにより大きさ、厚さが異なりますので、上記対応サイズをお確かめください

LIBRETAの活用

「信頼感」というイメージの演出。

まず、「信頼感がある」とはどういうことでしょうか?思い浮かべた人はどんな人物ですか?素晴らしい仕事の成果を叩きだす優れた人物だと思います。ではその人物の身なりや佇まいはどうですか?高級な品々を身に纏った煌びやかな人物でしょうか?少し違うと思います。もちろんそうである可能性もありますが、「高級品」と言うことではなく、自分の思い描く演出に適したアイテムをうまく使いこなしている印象ではないでしょうか?そんな人物のような「信頼感」という演出にLIBRETAは一役買うことができるかもしれません。そしてその「信頼を得た」という自信こそが最高の結果をもたらすと考えます。

「カバー」ならでは使い勝手。

どこででも手に入る安価なノート、表紙にこだわったデザインの高級ノート、上質な紙を使った書き心地の良い高級ノート、その両方の特性を持ったノート、たかがノートと言えど様々な選択肢があります。そんな中、全ての特性を「ノートカバー」であれば補えるのでは?という閃きがありました。高級なノートは雑に書き込むことができない、白紙が無くなったら買い換える必要がある、ただ書き心地にこだわりたいときもある…など、このような不都合を解決できるのがノートカバーLIBRETAです。

書き込む場所を選ばないLIBRETA。

LIBRETAは納めるノートの表紙、裏表紙の全面を厚紙で包み込みます。従来のノートカバー特有の段差が無いのはもちろんのこと、そのしっかりとした表紙の厚みにより、立ったまま片手でノートを支えた状態での書き込みやすくなっております。

嬉しいご感想を頂いております!

「机なしで両手にノートとペンを持っての記入も問題なく行えました。素晴らしい。たったこれだけとか、思われると思いますが、この、たったこれだけの為にモレスキンとか結構買い込んだことを思えば、私的には画期的な製品です。」

  • AIRTEGOと色を合わせて使っています。LIBRETAはデスク代わりになるのがいいですね。今はツバメノートの100枚タイプを入れています。
  • ★★★★★ 格好いいし、手触りに癒される^^
    単なる大学ノートではなく、表紙からしてやる気の出そうな、お気に入りになりそうな、見た人が「そのノートいいね」と言いそうな、そんなノートを探していたところ、このリブレタを発見しました。 気に入ったノートを見つけても、中身を使い切ったらまた買わないといけないので、1冊にそんなにお金は掛けられないし。 ノート用カバーがあれば、中身は使い勝手に合わせてノートを選べるし。 いろいろ探しましたが、リブレタが1番格好良かったです(^^)♪
  • ★★★★★ とても良いです。
    A5サイズのノート用カバーを色々と検討していました。 文具店でも色々見ましたが、決め手に欠けるものばかりでしたが、この商品が目に留まりました。 紙製であり、実際手に取ったわけではありませんが、HPを見た感じではとてもよさそうなので、 思い切って注文をしました。 結果、大変気に入りました。表紙も硬く、重さも軽いです。見開きもさっと開くし、変なくせもありません。 ノートが一冊の本になったみたいで、、とても気に入りました。 やや高価でしたが、逆に得した気分?になりました。 最近殆ど中国製ばかりなのですが、本品はMADE IN JAPANということで、ほんのちょっぴりですが、国内メーカーの 助けになったかな?
  • ★★★★★ 手帳の代用品でなくノートを使いたい人に
    なかなか実店舗で販売しているところが見つからなかったので、こちらで購入しました。購入の前に、製品の感じとか、確かめてから買いたいと思うのですが。一応、商品説明にも挙げられていますが、紙製です。ノートカバーというと、コクヨのシステミックは布製、キングジムのレザーフェスは合皮製となっていて、比較される方は、紙製というところに興味が集中するのではないかと思います。届いた製品を手にとって見ると、表紙の鰐皮模様は単なるプリントではなく、型がついていて、触ると少し凹凸があります。ペラペラした感じではないですが、本皮の製品ほどの質感ではありません。表面の光沢も、蝋引きではないでしょうが、鈍く光る感じがちょっとあって、そんなに安っぽくはないと思います。ただし、これ、店頭で他のノートカバーと比べてしまうと、外観や手に持った質感が、特に素晴らしいという訳でもないので、買わなかったかも。使い勝手のほうは、ノートカバーというと、システム手帳のリフィルとして大学ノートを使うというコンセプトのものが多いのですが、本製品は、ノートをあくまでもノートとして使うのが基本的なコンセプトらしく、余計な機能は一切ついていません。システミックも、レザーフェスも、ちょっとしたものを入れておけるポケットとか、ポストイットを貼り付けておくスペース(TODOやスケジュール管理用)とか、ペンホルダーとか、名刺を差し込んでおけるスリットとか、色々と沢山の機能をノートカバーに付加して、ノートカバーに色々詰め込んでおいて、それだけ持って歩けばある程度の用が足りるように設計されているものが多いですね。ところが、本製品は、あくまでもノートカバーの機能だけを追及しているらしく、その他の機能は何もないのです。従って、システム手帳のカバーのような多機能なものを期待する方には、お勧めできません。一方で、ノートを取ることに集中したいという方には、強くお勧めしたい製品です。ノートカバーは色々買いましたが、ノートを挟んで書こうとすると、カバーの内張り側にできる段差が邪魔で書きにくいとかいうことも多いのです。色々と物を収納できる多機能なものは、特にそうなのですが、本製品は、裏表紙の部分が下敷きのようになっているので、ノートを書き込むという点では、大変に素晴らしい使い勝手を提供してくれます。しかし、世間には「情報は1冊のノートにまとめなさい」の奥野宣之氏など、ノートに色々なものを貼り込んで使う人たちがいらっしゃるようですが、そいう用途に使うのでしたらやめておいたほうがいいです。ノートが膨らんでしまって、カバーが使えなくなるのが目に見えています。あくまでも、自分で書き入れて使う人向けの製品と思います。また、その他のノートカバーと比較される場合には、2冊以上のノートを挟んで使うことを考える方も多いと思います。しかし、届いた品物にノートを挟んでみましたが、2冊はちょっと無理そうです。カバーが閉まらないですね。それから、リングノートも使えないので、リングノートの愛用者には使えません。製品のつくりがそのようになっているので、仕方ないと思います。ノートというと、色々あるのですが、日本に居ると、コクヨのキャンパスノートなどが、一般的に利用される大学ノートの代表例かと思います。安価で入手しやすく、どんな筆記具とも相性がいいので、私も愛用していますが、あれをそのまま持ち歩いていて、何が問題かというと、個人的には、ルックスの問題よりも、表紙からボロボロになっていきやすいことと、必ずしも机のあるところでノートを広げられるとは限らないことでした。本製品は、紙製ですがしっかりしたカバーですので、ノートをしっかり保護してもらえそうだし、試しに使ってみましたが、机なしで両手にノートとペンを持っての記入も問題なく行えました。素晴らしい。たったこれだけとか、思われると思いますが、この、たったこれだけの為にモレスキンとか結構買い込んだことを思えば、私的には画期的な製品です。個人的には、打ち合わせをしながらメモをとる時には、普通に人の見る目を気にしてキャンパスノートは使わないですね。ずっと、カバーつきのリーガルパッドとか愛用していました。意外につっこみが入りやすいので、一応は皆さん気をつけるのだと思いますが、私はノートパソコンとか、iPadのような電子機器を使っていないという時点で驚かれる職業(プログラマ)でしたので、そういう点では世間の皆さんとはズれているかも知れません。この製品も、人と打ち合わせをするときにメモ取りに使うことは想定していないので、その辺りはどうなのか分かりません。

LIBRETAのご注文に関して

LIBRETA
A6 Ostrich Black
通常価格:1,933円
売り切れ販売価格:1,933(税込)
LIBRETA
A6 Crocodile Brown
通常価格:1,933円
売切れ販売価格:1,933(税込)
LIBRETA
A6 Crocodile White
通常価格:1,933円
在庫有り販売価格:1,933(税込)
LIBRETA
A5 Ostrich Black
通常価格:2,246円
売り切れ販売価格:2,246(税込)
LIBRETA
A5 Crocodile Brown
通常価格:2,246円
売り切れ販売価格:2,246(税込)
LIBRETA
A5 Crocodile White
通常価格:2,246円
売り切れ販売価格:2,246(税込)
LIBRETA
B5 Ostrich Black
通常価格:2,754円
売り切れ販売価格:2,754(税込)
LIBRETA
B5 Crocodile Brown
通常価格:2,754円
売切れ販売価格:2,754(税込)
LIBRETA
B5 Crocodile White
通常価格:2,754円
売切れ販売価格:2,754(税込)